不要になった大木は伐採しよう!業者にも依頼できる

不要になった大木は伐採しよう!業者にも依頼できる

チェンソー

なぜ大木を伐採するの?

大木を伐採する理由として、1つ目は寄生虫がいる大木はそのままにすると腐ってしまい、倒れてしまいます。そうすると、倒れた木の先に民家や電線などがあった場合大変危険です。そうなる前に腐った大木は伐採する必要があるのです。2つ目は丸太など木材を加工するために必要な木を伐採するためです。3つ目は間引きすることで元気な木を育てる必要があります。

軍手

専門業者を探す方法

専門業者を探す方法として、1つは林業関係者からの紹介です。林業関係者であれば、専門業者をいくつか知っているため紹介してくれる場合があります。2つ目はインターネットでの検索です。インターネットで検索をかけると様々な専門業者を見つけることができます。依頼する前に口コミを参考に、専門業者を見つけるのもいいでしょう。

家

業者が行なっているサービス内容

業者によってサービス内容が異なりますが、例えば業者によって伐採した木をそのまま放置する業者もありますが、伐採した木を処理してくれる業者もあります。森林の伐採だけではなく、住宅街や街路樹などで危険な大木があった場合、伐採を行っている業者もあります。まずはホームページを参考にサービス内容を確認しましょう。

チェンソー

業者への依頼方法

伐採を業者へ依頼する場合、ホームページを参照にしましょう。依頼したい業者のホームページを開くと、依頼方法が掲示されています。メールや電話で伐採依頼を行いましょう。その際に場所やどれくらい伐採するのか分かれば知らせるようにしましょう。業者が下見に来るので、その後見積もりを立ててもらいその後伐採を行います。

伐採を個人で行う場合と業者に依頼する場合の違い

個人で伐採を行う場合

個人で大木を伐採する場合、自分でのこぎりやチェーンソーを用意して処理をします。個人で行う場合、倒れる木の方向やその先に電線や民家、人がいないかしっかりと確認してから行い、思わぬ事故を未然に防ぐようにしましょう。

業者に伐採を依頼する場合

業者に依頼をすると、必要な道具や必要な人数のスタッフを配置します。民家や街路樹を伐採する際は必ずガードマンを配置し、通行人が通るたびに知らせてくれるので思わぬ事故を防ぎます。伐採後の樹木も処理してくれ、周辺も綺麗に整えてくれます。

広告募集中